コップリブログ

手作り・暮らし・自然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3人でひとつ屋根のした

長男のインフルエンザによる缶詰生活3日目。
外に出られないなんて…これが一番きついと思ってたけど、
案外、家だけ生活を楽しんでいます。

もちろん、ママ友たちの助け(買い出し)や、
ネットショップ(注文して翌日には届けてくれる)があってのことですが。
昔のハンメたちはどうやって育児してたんだろー。
それはそれは大変だったのでは…と想像したり。

140128_0905~001

くず湯しか飲めなかった長男が、
今日はのど飴なめたり、食事をとったり。

「何が食べたい?」
『ももとぶどう』
「桃とブドウはいま手に入らないなあ、桃とブドウの季節じゃないの」
『なにならある?』
「冬だから、りんごとか、みかんとか」
『あとは?』
「白菜とか、大根とか。あ、缶詰ならある、桃缶!」
『ももか?(にやり)』
「ももかは、あなたのお友達でしょ(にやり)」

「何が食べたい?」
『いましないで』
「うん?話しかけないでってこと?」
『うん』
このあと、すーっと眠りに入る

「のどあめなめる?」
『いやだー(泣き出す)』
「のどあめ、からくないのあるよ」
『たべる』

「おんまだっこー」
『はいはい』
「ずっとこうしてて」
『うん』
「たいちゃんはあっちいってー」
『3人でだっこしよう』
「手つないで」
『はい』
「こっちもこうして」
『はいはい』

週3日は保育園に行ってる。他の日は外出したりパパに預けたり。
なので、3人きりの、この濃密な時間が、とても新鮮です。
過ごしてみて、こんな濃密な時間、ともすると、
ないまま年少さんになってたのか、風邪ひいてよかった、
と思えるぐらい、貴重な時間を過ごしています。

夕飯の準備をしたり、精米をしていると、
じー…とこっちを見ている長男。
なんだか、これが『母の背中』になるのかしら…こそばゆい(笑)。

子どもらの散らかしたのを片づけ、乳をやり、おぶり、寝かせ、
洗濯を干して、取りこみ、畳み、
食べたいものを聞き、作り、片づける。
トイレについていき、拭き、3人で戻ってくる
本を読み、元気になれと気持ちよくDVDを見せてやり、
いっしょに笑ったり、いっしょに踊ったり。

なんだか、ひとを育てるって本当にシンプル。
どこかに出かけて、遊ばせて、何かを見せて、学ばせなくても、
家のそこここに、見せるべきものが全部そろっている。

たのしいなあ、今、とてもたのしい。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。