コップリブログ

手作り・暮らし・自然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バースプラン

かねてより、韓国の『産後院、産後ケア』に憧れを抱いていた私。
今回の女優小雪さんの韓国出産で、日本でも必要だと考えるママがぐんと増えた。

3年前におっぱいケアで出会った前田助産院の前田先生(名古屋市中村区)
抱っこひも『だくーの』を開発され育児雑誌ではおなじみの方も多いのでは。

『バースプラン』をしっかり持つことを教えてくれる『お産塾』を開かれたり、
男の子の育児に必要な知識を得る『おちんちん講座』や、学校での性教育、
『映画・「うまれる」を何度も観る会』などを主催されるなど、幅広く活動されている。

前田先生の助産院はトトロハウス。院内にはトトロやネコバスがいっぱい。
2階には広いホール、3階にはおっぱいケアを受けられる診察室があり、
ホールは毎週、月・金曜日にママと赤ちゃんのために無料開放している。
(10~15時、子ども用トイレ有、飲食可、駐車可能、予約必要無)。

その前田先生いわく『産褥ケアは何十年も前から日本でも必要とされてきた』
『やる人がなかっただけで、昨今のホームタウン出産において必要不可欠』とのこと。
『ホームタウン出産』とは、いわゆる『里帰り出産』ではない出産のことで、
ママの高齢化で里帰りができなかったり(親の高齢化)、地元に産院がなかったり、
パパの近くで産みたいと願う女性が増えたことなどが背景にあるようです。

かくいう私も、前回が帝王切開だった、今回は自然分娩に挑めるようなので挑戦したい、
挑戦するには総合病院でしか産めない、実家の両親が働いている、
上の子を昼間保育園に預けたい、夫が新生児の我が子の育児から関わりたいと思っていることなどから、
自然とホームタウン=名古屋での出産となった。

そんな話をしているうちに、
前田先生から『トトロハウスで、産後ケアのパイロットになってみる?』とのご提案をいただき、
夫も私もお言葉に甘え、前田先生やその周囲の方たちのお力に甘えることにしたのです。

夫婦で『お産塾』に参加し(土日丸2日間みっちり勉強しました!)、
いかに現代のお産が医者任せ・他人任せになっているのかを痛感しました。
『自分で産む、赤ちゃんの産まれる力を信じる』という当たり前の姿勢すら私は忘れていたし、
たとえ帝王切開だとしても、病院にこういう要望はできる、という内容を学んだりと、
『妊娠、出産、育児』をモヤ~っと包んでいた不安などが拭われ、
『そうだったのか!』とスッキリし、自分のなかで『じゃ、こうしたい』という意見を持つことに。
これが、『バースプラン』というものなのだそうです。

出産は、とりあえず『ブイバック(帝旺切開後の自然分娩)』に挑みますが、
お産の進み具合と、先生の判断で帝王切開になることもあり(ブイバックはリスクも有)、
そうなると入院期間が少し違ってきますが、ざっと1週間でしょうか。
その後、1~2週間をトトロハウスで産後ケア入院ということになります。
1~2週間、というのは、上の子の様子、夫の仕事、私の体調などを見ながら決めていいそうで、
前田先生とスタッフの関根さんの言葉を借りると、
『予定は立てるけど、いつでも変更していい。変更に合わせて周囲はサポートするのみ。
変更したいと思ったら、言っていいんだと、その気持ちを今から育てておくこと。
ママと赤ちゃんの体力回復が何より大事、からだとこころ、両方をきちんとケアする』
とのことで、本当に心強い限りです。
そして一番大事なことはママの睡眠(ここを怠るとひとはおかしくなる)と、脂っこくない食事。
そう、元気なおっぱいをあげることも大事なことですものね。

パイロットの私としては、ブログを通じて報告・発信することが担当です。^^
そして、先輩ママ、現役ママ、未来ママ、そして周囲のすべての方たちから意見を募ること。
ひとにとって、とてつもなく大事な、新生児期から赤ちゃん期。この時期にしっかり手をかけるには、
やっぱりママが元気でなくてはいけないのです。それには、たくさんの手が必要で。
愛された赤ちゃんは、その後、人生でかけがえのない財産を手にすることにもなるし、
ちゃんと我が子を愛せた母親も、育児に、自分の人生に、家族の人生に、自信が持てるでしょう。
夫の役割、じいじ、ばあばとの関係、社会とのつながり、すべてにおいて大事な時期なのだと思います。

いよいよ38週。出産も近いことでしょう。
私なりにトトロハウス、産後ケア第一号としてしっかり発信していきたいと思います。
ご意見、ご感想、どうぞ宜しくお願いします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わぁー!なんか素敵☆
地元じゃなくても、こういう場所、人達がいてくれると心強いな!(^-^)
トトロハウス近くにあったら、私も是非是非行ってみたいわぁ!
その助産師さんのお話聞いてみたい。
トトロハウスでの産後ケアの様子、楽しみにしてるね♪
まずは無事に母子ともに健康にお産終えることを、心から願ってるわ(^-^)/

りょん | URL | 2013-02-27(Wed)11:24 [編集]


いつか一緒に

りょんさん、コメントありがとう!
きっとトトロハウス気にいるよ!すべてが素敵。^^
それに前田先生ともきっと気が合うはず。
今度名古屋に来た際には、ぜひ案内するね。

開放日にはママたちや先生と一緒にお弁当食べたり、
子どもたちも保育園みたいで楽しそうやし、
話題も様々でとても楽しい空間。
ここで産後の1~2週間過ごすのが楽しみだったりするよ。

いっぱい発信できるようするので、応援してくださいな♪
色んな意見も待ってるね、どうぞよろしく。^^

コップリ | URL | 2013-02-27(Wed)17:28 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。