コップリブログ

手作り・暮らし・自然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぞうきんを絞りながら

そういえば、お姑さんが、いつもお風呂場から水の入ったバケツを持ってきて、
ベランダで遊んだちびらの足を洗ったり、その他いろいろ。

あの水はなんなんだろう。
もしかして、お風呂の残り?
そうですよね、そう考えるのがふつう。

というわけで、私もぞうきんを絞ったあとに、この水を利用しています。
もともと、洗濯のときに半分ぐらい使い、
夕方までは、もう半分も残しておきます。

その昔、有事に備えてお風呂の水は捨てずに置いとけ、
と、おばあちゃんの暮らしの知恵か何かで読み、
そうそう、阪神の震災のとき、トイレが断水して困ったっけ、
と、我が家でもそうしていたのです。

洗濯のあとに残ったお水で、ぞうきんをごしごししたり、流したり。
エコだとか、そういうのを超えて、
ものでも、水でも大事にしていると、
とても気分がいいです。ふしぎですね。^^

強要されるといやなもの、自発的にするから気分がいいのかしら。
それを知ってて、きっとお姑さんも私に「同じようにしなさい」と、
教えられないのでしょうね。感謝感謝。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

最近はお風呂の残り湯には菌がいっぱいとかって洗濯に使わないとか、そういうのも聞くけど、こういう心がけ大事よねー。
昔の人の知恵って、ホンマ利にかなってることが多いなぁって思うわ(^^)

りょん | URL | 2014-06-24(Tue)08:31 [編集]


Re: そうだね^^

うんうん、そもそも、菌=悪者って決めつけすぎてるのかもね。
菌ぐらいおるわなあ、無菌が必要なときもあれば、
そこまで気にしなくていい場合もあるだろうし。^^
いまんとこ、我が家はお湯の残りでぞうきんかけしてるけど、
まったく問題ないでーす。昔からそうしてきたんやもん、当たり前か!^^

コップリ | URL | 2014-06-26(Thu)10:28 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。