コップリブログ

手作り・暮らし・自然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

育児書

主に出産後に出会った本たちです。
出産前から読んでおきたかったと思える良書たち。

たいがい出産&子育て関連の雑誌たちが先に目に入ってくるのだけど、
広告やら、おしゃれすぎるページが多くて、
これもいるかな?おしゃれもしなきゃだめ?…と、
クラクラしてきて本当に必要な情報が残りにくい面も。

でもこれら育児書たちは読んでてほっとするし、
きちんとした知識も身についてよいと思いました。

1.『赤ちゃんのいる暮らし』

4.jpg

長年小児科医をしている著者が診察時間内では話せないことをフォローしたくて書いた本。
病院で聞くまでもないような、かといって本にも出てないような、
小さな疑問まで扱ってくれててうれしい一冊。

2.『私は赤ちゃん』

1.jpg

『吾輩は猫である』の赤ちゃんバージョン?!

『出産してからめっきりママがしきってるなあ』
『病気じゃないんだってば!注射なんか絶対に打たせないぞ!』

未熟な新米ママ&パパを冷静に見つめるしっかりした赤ちゃんの発言。
その言葉ひとつひとつ納得、そして笑いの一冊。
とても読みやすい。

3.『定本育児の百科』

2.jpg

月齢別で上・中・下に分かれている。文庫本もあり。
春夏秋冬・予防接種・熱など、テーマ別にきちんと丁寧に書かれているけど、
そこまで固くなく、字ばっかりなのに、読んでて疲れない、優しい本。

4.『こどもへのまなざし』

3.jpg

題名にもある『まなざし』ということば。
近寄りすぎず、遠ざかりすぎず、著者のやさしさがにじみでているよう。
こどもに寄り添える、いつ読んでも、どのページを読んでも新鮮で心温まる育児書。

5.『名古屋エンジョイ子育てガイド』

5.jpg

現役ママたちが作ってる本!
名古屋のおもちゃ図書館・子連れで行けるお店・子育てカフェ…。
これは区役所で売ってください!と言いたい一冊。
とっても役立っています、毎年更新・発売されてます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。